杉並区西荻窪の整骨院・整体なら、頭痛や腰痛の改善に効果的なよしだ整骨院にお任せください。杉並区西荻窪にあるよしだ整骨院は頭痛や肩こり、腰痛や骨盤矯正などでお悩みの方のつらさや痛みを改善していきます。吉祥寺や三鷹や荻窪をはじめ、杉並区以外からもお越しいただいております。根本的な原因にアプローチをする整体で、ずっと治らずに悩んでいた症状を改善していきましょう。
ご予約はお電話で。
TEL:03-5303-9342
受付時間 9:00~20:00(土17:00まで)
日・祝日・子供の運動会は除く
公開日:2017年4月10日
最終更新日:2017年4月12日

こんにちは、よしだ整骨院です。
皆さんは、買い物する時に裏の成分表を確認したり、毎日口にする食べ物にたいして気を使ってたりしますか。
私は子供を持つようになり、若いころの自分があまりに自由すぎる食生活だったということを知りました。
そして私が幼いころ、母は外で買ったお惣菜を私たちにほとんど食べさせたことがなく、尊敬の念を感じてしまいました。
自分が母になり、すくすく成長をする見ていると変なものは食べさせたくない!と思って食品添加物の事を調べてみました。

食品添加物のとは?

まず、食品添加物とは読んで名前のごとく、食品の製造や加工のために必要な製造用剤を添え加えるものですね。

驚いたのは、豆腐のにがりやこんにゃくを作る際の消石灰なども含まれます。豆腐やこんにゃくは昔々から食べられていたもので、添加物の歴史を感じます。
また、小麦粉から麺を作る時のかんすい等、自分は添加物を避けているつもりでも、飽食の時代には無添加で過ごすことは難しいのですね。

日本の添加物は4つに分類できます

●指定添加物(約454品目)厚生労働大臣が指定した食品添加物として使えるもの。昔の法律では合成添加物だけが指定されていましたが、今はいわゆる天然添加物も含む形で指定されています。
●既存添加物(約365品目)長年使用されてきた天然添加物としてリスト化され、品目が決められています。
●天然香料(約600品目)植物、動物を起源とする着香を目的とする添加物。一般に使用量が微量であり、長年の食経験で健康被害がないとして使用が認められているものです。
●一般飲食物添加物(約100品目) 寒天やイチゴジュースなど、通常はそのまま食品として用いられるが、食品添加物的な使い方をするもの。

どのような目的で何が使われるのか?

1.保存料・酸化防止剤・防かび剤など食品の品質低下(腐敗したり、変質するもの)を防ぐ。
2.調味料・甘味料・着色料・酸味料・香料など食品の見た目や、味や香りなどをよくして食品の品質を向上させる。
3.栄養強化剤など食品の栄養価を高める。
4.乳化剤・膨張剤・増粘剤など食品の製造、加工に必要。

我が家は毎朝のようにソーセージと卵焼きを焼いていました。ソーセージやハムの加工肉は数年前に発がん性云々でニュースになりましたね。お肉は時間が経つと色がくすんでしまいます。しこで、発色剤として亜硝酸Naを使用し色落ちするのを防ぐわけです。また、加工過程でのボツリヌス菌などの発生を抑えるそうです。ボツリヌス菌による食中毒は生命の危険の可能性があります。また、避けられないのがは子供が口にするお菓子などに含まれる乳化剤・甘味料・着色料です。子供たちから取り上げてしまうのは何か違う気がしますし、全ての添加物をゼロにするのはあり得ないことです。スーパーや八百屋さんで購入したお野菜にだって農薬や添加物は付着しているのです。でも、知っているのといないのでは少し違うことだなと思います。

 

なるべく体に良いものを取り入れたい願望はあっても、無農薬野菜やオーガニックだけを購入する金銭的余裕はありません。性格的にも無添加や無農薬にこだわる精神力がありません。私の考えですが、添加物は口にしないという強迫観念で自分を追い込むことが一番怖いことかと思ってます。食の安全に対する意識が高い日本では安心して食べらないものは売らないことを信じつつ、今後も好きなものをモリモリ食べ続けたいと思います。体調が崩しやすい春先ですが、何かありましたらご相談ください。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事のキーワード

疲労感、体調不良などでお困りな方はよしだ整骨院にご相談ください。

腰痛、肩こり、倦怠感、疲労感などの症状を本気で改善したいとお考えでしたら、西荻窪にあるよしだ整骨院で治してみませんか?
しっかりと原因を突き止め、症状に合ったアプローチをしていきます。
施術も痛くないのに効果があり、お子様からお年寄りまで安心してご利用いただくことができます。

ご予約方法

ご予約はお電話もしくはメールよりご連絡ください。

この記事の著者

よしだ整骨院院長
よしだ整骨院院長
記事一覧

著者一覧